本文へ移動

AFJ定例研究会

2024年5月 AFJ定例研究会(2024年5月開催分)

AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2024年5月開催分)
 第 5 回
The Hill and Valley Forum 2024を解読する
 第 6 回
SPECIAL COMPETITIVE STUDIES PROJECT提言「First AI Expo for National 
Competitiveness」を解読する
 第 7 回
戦術・作戦・戦略におけるイネーブラー、そしてゲームチェンジャーとしての
ドローン
 第 8 回
OpenAIとニューズ・コーポレーションの提携-AI時代のニュース発信の中道化―

2024年4月 AFJ定例研究会(2024年4月開催分)

AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2024年4月開催分)
 第 1 回
M・ポッティンジャーとM・ギャラガーの『フォーリン・アフェアーズ』論文
「No Substitute for Victory―America’s Competition With China Must 
Be Won, Not Managed」を解読する
 第 2 回
岸田国賓訪米を解読する
 第 3 回
The Special Competitive Studies Project (SCSP)の「Intelligence Innovation: 
Repositioning for Future Technology Competition」を解読する
 第 4 回
米国におけるTikTok divestment-or-ban法の上院可決

2024年3月 AFJ定例研究会(2024年3月開催分)

AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2024年3月開催分)
 第 54 回
米国大統領選の激戦州問題としてのUSスチール買収問題
  第 55 回
台湾有事最前線としての先島諸島とバタン諸島
  第 56 回
新たなTrump Whisperer候補としてのメローニ伊首相
 第 57 回
中国の政府用コンピュータでのIntelとAMDのチップの使用禁止

2024年2月 AFJ定例研究会(2024年2月開催分)

AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2024年2月開催分)
 第 50 回
①CJADC2とICAM―tag the people, tag the data and audit―
②人工知能(AI)基盤はオープンソースか否か
  第 51 回
AIは攻撃者よりも防御者に力を与える
  第 52 回
トランプ2.0は既に欧州を動かすーもう1人のThe Trump Whisperer-マーク・ルッテ蘭首相が次期NATO事務総長最有力候補にー
 第 53 回
マイク・ギャラガー下院中国特別委員長の次期下院選不出馬と委員会訪台団

2024年1月 AFJ定例研究会(2024年1月開催分)

AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2024年1月開催分)
 第 46 回
能登半島沖地震への初動と有事対応-通信遮断、米軍協力、犯罪抑止、住民退避-
 第 47 回
2024年国防権限法第825条(LOGINK禁止条項)について-日本の6港湾の米軍利用禁止等の可能性-
 第 48 回
台湾総統選挙結果について
 第 49 回
米大統領選共和党緒戦におけるトランプ氏圧勝

2023年12月 AFJ定例研究会(2023年12月開催分)

AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2023年12月開催分)
 第 42 回
2024年国防権限法第1543条(生成AI電子透かし条項)・第1317条(日本政府との安全保障協力強化に関する報告書条項)について
 第 43 回
2024年国防権限法第 1516 条(特定の ID・クレデンシャル・アクセス管理活動の記録プログラム確立条項)、第1515条( ネットワーク境界およびクロスドメイン防衛のための近代化プログラム条項)について
 第 44 回
米下院中国特別委員会政策提言「リセット、予防、構築: 中国共産党との経済競争に勝つアメリカの戦略」について
 第 45 回
トランプ再選ならば大統領就任初日に石油採掘の大統領令か-日本の米国原油輸入拡大について

2023年11月 AFJ定例研究会(2023年11月開催分)

AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2023年11月開催分)
 第 36 回
10月30日のAI大統領令と11月1日―2日の英国AIサミット
 第 37 回
APスタイルブックとイスラエルーハマス戦争報道
 第 38 回
10月17日の商務省輸出規制「ゼロ%デ・ミニミス・ルール」と11月15日の米中首脳会談
 第 39 回
元バイデン大統領首席補佐官ロン・クレイン氏のG9構想(G7+韓国・豪州)
 第 40 回
岸田首相来春国賓待遇訪米の国内政局・国際政治における戦略的意義
 第 41 回 
ギャラガー・カンナ両下院議員提出「5AIs法案」について

2023年10月 AFJ定例研究会(2023年10月開催分)

AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2023年10月開催分)
 第 31 回
NISC・警察庁サイバー局・NSA・FBI・CISA初の合同注意喚起とJCDCへのNTT参加
 第 32 回
「IoTサイバーセキュリティ改善法 2020」に基づく2026年11月新NIST基準による連邦政府調達禁止について
 第 33 回
ニコラス・スナイダー氏を解読するーペンス副大統領特別補佐官から国務省日本部長へー
 第 34 回
2度の「Joint Statement on Israel」とG7議長国日本
 第 35 回
ルート・オブ・トラストに基づくチップ追跡プログラムの可能性

2023年9月 AFJ定例研究会(2023年9月開催分)

AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2023年9月開催分)
 第 26 回
①日本企業の2027年問題―2023年国防権限法(NDAA)5949条―
②2024年国防権限法(NDAA)上院案の注目条項―第216条・第218条・第835条・1619条・第1621条―
 第 27 回
①「IMEC」(インド・中東・欧州経済回廊)と「I2U2」(米国、イスラエル、UAE、インド)
②「中国標準地図2023年版」と2004年中露国境協定
 第 28 回
岸田政権を見る眼
 第 29 回
2023年9月19日FDD「アメリカのサイバー回復力の評価:CSC 2.0共同議長との会話」の解読
 第 30 回
セキュリティクリアランス法制と「ICAM」(ID・資格情報・アクセス管理イニシアチブ)

2023年6月―8月 AFJ定例研究会(2023年6月-8月開催分)

AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2023年6月-8月開催分)
 第 12 回
ギャラガー下院中国特別委員長の国防総省AIガードレール拡大適用発言と今後のルール形成
 第 13 回
米英首脳会談記者会見でのバイデン大統領のAIウォーターマーク発言
 第 14 回
機械学習パラダイス・日本―「AIの開発・学習段階」で著作権者の許諾が不要であることの戦略的意義
 第 15 回
JADC2へのIOWN構想の貢献可能性
 第 16 回
シリコンバレーとペンタゴンを結ぶ線―マイク・ギャラガーとロ・カンナ
第 17 回
琉球帰属問題という中国歴史戦再開と玉城沖縄県知事訪中
 第 18 回
ITAR(国際武器取引規則)の問題点とNTIB・AUKUSピラー2への日本の加盟
 第 19 回
2024年国防権限法上院案に盛り込まれたAIウォーターマーク条項(アンガス・キング上院議員提案)
 第 20 回
ロシア軍閥割拠と中国「西進」の可能性と戦略的意義
 第 21 回
新たな対中投資規制に関するマイク・ギャラガー下院中国特別委員会委員長のバイデン大統領への書簡と大統領令
 第 22 回
埋め込まれた「時限爆弾」―防衛省機密ネットワーク及びNISCへの不正侵入報道を解読する
 第 23 回
日米韓キャンプデービット・サミットにおける「情報共有」合意と日本の課題
 第 24 回
2024年大統領選における中国問題の争点化
 第 25 回
ヒックス国防副長官講演で公表されたレプリケーター・イニシアチブ

2023年4月―5月 AFJ定例研究会(2023年4月-5月開催分)

AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2023年4月ー5月開催分)
 第 1 回
自民党の『経済安全保障上の重要政策に関する提言』について
-国際的整合性・CUINISP/NISPOMSP800-171/172

 第 2 回
ハドソン研究所蔡総統授与式と蔡・マッカーシー会談
 第 3 回
下院中国特別委員会のウォーゲーム
 第 4 回
イエレン財務長官の国家安全保障上の利益優先発言
 第 5 回
As American As Apple Pie-半導体同盟の土台をつくった米韓首脳会談
第 6 回
米国の世論形成と政策形成の最新動向
―議会の世論形成・大統領の国際支持獲得・大統領令・議会法制化―
 第 7 回
ペンタゴン機密文書流出事件・セキュリティクリアランス・ゼロトラスト
 第 8 回
AIとJADC2
 第 9 回
選択的デカップリング=デリスク
 第 10 回
サム・アルトマンとAI・仮想通貨・ベーシックインカム・核融合発電
 第 11 回
ギャラガー委員長英国訪問団と下院中国特別委員会の2つの報告書

2022年4月―2023年3月 AFJ定例研究会(2022年4月-2023年3月開催分)

AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2022年4月-2023年3月開催分)
 第 1 回
クリス・イングリス国家サイバー長官の「サイバー社会契約」論
 第 2 回
ジャネット・イエレン米財務長官演説(4月13日)とフレンドショアリング
 第 3 回
米中間選挙勝利を呼ぶのはキッチンテーブルイシューか、怒り・憎悪か
 第 4 回
ウクライナ戦争―戦犯追及から賠償・復興へ
 第 5 回
最近の中国政治経済情勢について
 第 6 回
IPEF結成から同盟・フレンドショアリングへ
 第 7 回
「デジタル社会の実現に向けた重点計画」(6月7日閣議決定)について
 第 8 回
産業保全附属文書(ISA)とセキュリティクリアランス
 第 9 回
ウクライナ戦争における初期の教訓―オンプレミスからクラウドへー
 第 10 回
国家技術産業基盤(NTIB)とセキュリティクリアランス
 第 11 回
サイバー空間に“shining city upon a hill”をつくる
 第 12 回
ペロシ下院議長の台湾訪問
 第 13 回
ウクライナの反転攻勢
 第 14 回
国防権限法のプリント基板条項とIPC-1791
 第 15 回
2023年の中国・インド人口逆転の地政学的意味
 第 16 回
PDI(太平洋抑止イニシアチブ)と第一列島線における長射程ミサイル配備
 第 17 回
ケビン・マッカーシーの「アメリカへのコミットメント」
 第 18 回
冷戦2.0とオフセットX戦略
 第 19 回
故安倍晋三総理国葬儀への民主党派・中国致公党主席の参列
 第 20 回
国際電気通信連合(ITU)の幹部選挙とWG・TFへの日本参加状況
 第 21 回
9.11から2022年ウクライナ戦争へ
―CUIとパブリック・クラウドクラウドの防衛―
 第 22 回
民間経営陣に必須のセキュリティ管理/プライバシー管理策:「OT」
 第 23 回
米国証券取引所の新規則
―サイバーセキュリティは取締役および執行役員の重要な信認義務に―
 第 24 回
バイデン政権の「半導体技術の対中国禁輸」策を解読する
 第 25 回
米国国家安全保障戦略を解読する
 第 26 回
中国共産党第20回党大会を解読する
 第 27 回
米国国家国防戦略を解読する
 第 28 回
PDIと嘉手納基地駐留F15退役・F22巡回配備・B52豪州北部配備
 第 29 回
中間選挙に立候補している196人の退役軍人
 第 30 回
米国中間選挙結果を解読する
 第 31 回
円安・フレンドショアリング・令和の列島再改造
 第 32 回
ソラリアム2.0の「私訴権」(a private right of action)提案
 第 33 回
下院中国特別委員長に指名されたマイク・ギャラガー
―M・ポッティンジャー、R・カンナ、E・スロトキン、C・イングリスと結ぶ線
 第 34 回
「トラストチェーン」構想提案とSP 1800-34・36
 第 35 回
安保3文書を解読する
―能動的サイバー防御、セキュリティクリアランス、産業保全、ゼロトラスト―
 第 36 回
米国国防権限法2023を解読する①「FedRAMP権限法」
 第 37 回
米中GDP逆転せず―日本経済研究センターの予測修正―
 第 38 回
米国国防権限法2023を解読する②ニュージーランドのNTIB加盟
 第 39 回
21世紀のチャーチ委員会2.0(あるいはマッカーシー委員会2.0?)
 第 40 回
マッカーシー議長選出プロセスの意義
―2022年11月14日エド・コリガン氏欧州連立政権スタイル統治提案―
 第 41 回
「2023 エデルマン トラスト バロメーター」を解読する
―政府、国連、WHO等への信頼が世界で最も低い国に属する日本―
 第 42 回
浜田=オースチン会談で合意したRDT&E MOU・SOSAにおける
CUIの扱いと防衛産業の基盤強化と装備品情報の保全に関する新法
 第 43 回
米下院軍事委員会サイバー、情報技術、イノベーション(CITI)⼩委員会とsystemically important critical infrastructure法案
 第 44 回
CFIUS適用除外国とファイブ・アイズ
 第 45 回
米下院中国特別委員会の公聴会を解読する
 第 46 回
米国「国家サイバーセキュリティ戦略」を解読する
 第 47 回
スパイ気球とSpace Littoral
TOPへ戻る