一般社団法人 アジアフォーラムジャパン トップページへジャンプ


Home > トピックス > 2021年

トピックス

2021年

2021年3月

「修復的正義」専門家のエマニュエル・クレイン博士の2つの論文を掲載します。


エマニュエル・クレイン博士の論文を紹介した画像

エマニュエル・クレイン博士が「修復的正義」(restorative justice)の観点から米中関係と米国国内情勢を分析した2つの論文を掲載します。
クレイン氏によれば、修復的正義には、敵対者間の平和を構築し、個人的および共同で関係を更新するのに役立つ能力があります。メディア、ソーシャルメディア、権威主義体制は、アイデアの操作を通じて分裂を強化することができます。圧倒的な情報の流れは、真実が何であるかをもはや解読できない聴衆にとってその意味を失います。修復的正義は、「外部」情報をサークルの「外部」に残すことを提案しています。修復的正義は過去を扱います。修復的正義の焦点は、罰ではなく、癒しと賠償にあります。修復的正義の期待される利益の1つが報復的正義の放棄です。修復的正義の目的は、その方法をより合意に基づいて参加型にすることにより、罰の社会的統制を民主化することです。修復的正義の目標は、過去の違反・侵害を明るみに出し、明確にし、認知し、被害者のニーズに対応し、説明責任と法の支配の尊重の文化を創造し、制度的責任と可能な改革を概説し、和解の見通しと過去の歴史的対立の減少をもたらすことです。

エマニュエル・クレイン氏はフランスのパリを拠点とし、EFRJ(European Forum for Restorative Justice)のメンバーとして現在「極端な暴力と過激化」に関する作業部会に参加しています。

下記のリンクからご覧いただけます。
Can restorative justice defuse tensions in the strained USA-China relationship?
Reform in the criminal justice system in the US is critical to healing a divided country

We are posting two articles by Dr. Emmanuelle Crane. USA-China relationship and USA’s domestic situation are analysed in these articles. Dr. Crane asserts that restorative justice has the capacity to build peace between antagonists and help to renew relationships ― individually and communally. Media, social media and authoritarian regimes can reinforce divisiveness through manipulation of ideas. The overwhelming flow of information loses its meaning to an audience that can no longer decipher what is the truth. Restorative justice proposes to leave the “outside” information “outside” of the circle.

Restorative justice deals with the past. The focus is on healing and reparation rather than on punishment. One of the expected benefits of the restorative justice is the renunciation of retributive justice. The aim of restorative justice is to democratize the social control of punishment, by making its methods more consensual and participatory. The goals of restorative justice are to unearth, clarify and acknowledge past violations, to respond to victims’ needs, to create a culture of accountability and respect for the rule of law, to outline institutional responsibility and possible reforms, to advance the prospects of reconciliation and reduce historical conflicts.

Dr. Emmanuelle Crane is based in Paris, France. She participates in the “Working Group on Violent Extremism and Restorative Justice” as a member of the European Forum for Restorative Justice (EFRJ).

Her articles are available from the links below:
Can restorative justice defuse tensions in the strained USA-China relationship?
Reform in the criminal justice system in the US is critical to healing a divided country

ページトップへジャンプ

2021年3月

AFJ定例研究会(2021年3月開催分)


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2021年3月開催分)

AFJの写真

AFJ regular workshops were held on the following topics (March 2021).



第39回: 台湾の国防部長、国家安全局長、大陸委員会主任委員人事について
“Postings of the Minister of National Defense, the Director-General of the National Security Bureau and the Minister of the Mainland Affairs Council of Taiwan”
第40回: 米下院軍事サービス委員会the Defense Critical Supply Chain Task Forceの発足について
“The Defense Critical Supply Chain Task Force formed by the House Armed Services Committee”
第41回: 日米首脳会談・G7サミットに向けた経済安全保障の諸課題
“Various economic security issues towards the Japan-US Summit Meeting and G7 Summit”
第42回: NIST基準の国際標準化をめぐる諸情勢
“Situations surrounding the international standardization of NIST standards”

ページトップへジャンプ