一般社団法人 アジアフォーラムジャパン トップページへジャンプ


Home > トピックス > 2019年

トピックス

2019年

2019年3月

AFJオフィスのリノベーション完了


AFJはオフィスのリノベーションを完了しました。気持ちを新たに、既存の枠組みにとらわれず、不確実な時代の解読を提供する役割を果たしてまいります。

AFJ has renovated its office allowing the AFJ staff to turn over a new leaf. AFJ will continue deciphering the uncertain era beyond the existing framework.

AFJの写真

ページトップへジャンプ

2019年3月

真柄昭宏AFJ専務理事の冷戦2.0に関する論説がMLIウェブサイトに掲載


2019年2月のMacDonald-Laurier Instituteの円卓会議における報告に基づく真柄専務理事の冷戦2.0に関する論説がMLIウェブサイトに掲載されました。

An article on Cold War 2.0 by Akihiro Magara, AFJ Executive Vice President, was published on the MacDonald-Laurier Institute (MLI) website. This article was based on a presentation made at the MacDonald-Laurier Institute during a roundtable meeting held in February 2019.

下記のリンクからご覧いただけます。

The article is available here.

MLIウェブサイトに掲載されている写真

ページトップへジャンプ

2019年3月

ジョナサン・ミラーAFJ主任研究員のインタビュー記事掲載


ジョナサン・ミラーAFJ主任研究員の米朝関係に関するインタビュー記事がVoice of Americaに掲載されました。

An interview with Jonathan Berkshire Miller, AFJ Senior Fellow, on the current situation between the US and DPRK was published in Voice of America.
Miller stressed that North Korean leader Kim Jong-un wanted to relieve the most powerful sanctions, those imposed after 2016, in exchange for decommissioning of the Yongbyon nuclear facility. This was not a fair trade, and the Trump administration was wise to push back on it. Despite this, the process now looks muddied as two high-level summits have produced little in terms of results.

下記のリンクからご覧いただけます。

The article is available here.

Voice of Americaの写真

ページトップへジャンプ

2019年3月

AFJ定例研究会(2019年3月開催分)


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2019年3月開催分)

AFJの写真

AFJ regular workshops were held on the following topics (March 2019).



第40回: 「トランプ政権の新インナーサークル」
“The inner circle of the Trump administration”
第41回: 「トランプ大統領のCEO型リーダーシップ――COO・CKOは誰か?」
“President Trump’s CEO style leadership – Who are the COO and CKO?”
第42回: 「ホワイトハウスとグラスルーツの結節点」
“The interface between the White House and the grassroots society”
第43回: 「四中全会はなぜ開かれなかったのか?」
“Why was the Fourth Plenum not held?”

ページトップへジャンプ

2019年3月

第30回AFJ-CICIR日中シンポジウム開催


AFJは中国現代国際関係研究院(CICIR)の胡継平中国現代国際関係研究院院長助理らを招き、「日中関係の新たな段階に向けて」をテーマに、第30回AFJ-CICIR日中シンポジウムを開催しました。日中シンポジウムは1989年8月にスタートし、今回で30回目を迎えました。今回のシンポジウムでは、AFJからは真柄昭宏専務理事が「冷戦2.0を考える」について、茶谷展行主任研究員が「安倍外交を考える」について報告しました。

Receiving Hu Jinping, Assistant President, and others from the China Institutes of Contemporary International Relations (CICIR), AFJ held the 30th AFJ-CICIR Japan-China Symposium with “Towards the new stage of the Japan-China relations” as its topic. The symposium began in August 1989 and this was the 30th anniversary. From AFJ, Akihiro Magara, Executive Vice President, and Nobuyuki Chatani, Executive Senior Research Fellow, delivered speeches on “Examining Cold War 2.0” and “Examining Abe’s diplomacy” respectively.

第30回AFJ-CICIR日中シンポジウムの写真

報告する茶谷展行主任研究員の写真

ページトップへジャンプ

2019年2月

真柄専務理事とミラー主任研究員がMLI主催の円卓会議で報告


真柄昭宏AFJ専務理事とジョナサン・バークシャー・ミラー主任研究員は、カナダ・オタワのマクドナルド・ローリエ・インスティテュート(ブライアン・リー・クローリー所長、MLI)主催の「東アジアの地政学的シフト:米中関係と日本およびカナダの視点」をテーマとする円卓会議に参加しました。真柄専務理事は“A Cold War 2.0 over Supremacy in the 5G/IoT era”について、ミラー主任研究員は“US-China relations and the policy consensus in Washington”についての基調報告を行いました。

AFJ's Executive Vice President Akihiro Magara and AFJ Senior Fellow Jonathan Berkshire Miller took part in a roundtable discussion with “Geopolitical Shifts in East Asia: US-China Relations and Perspectives from Japan and Canada” as its topic. The event was hosted by the MacDonald-Laurier Institute in Ottawa, Canada and was the first collaborative effort between AFJ and MLI. Dr. Magara and Mr. Miller both made presentations at the roundtable on, respectively, “A Cold War 2.0 over Supremacy in the 5G/IoT era” and “US-China relations and the policy consensus in Washington.” Magara and Miller were also joined by a range of prestigious MLI scholars and local experts, including MLI's President Brian Lee Crowley and others.

MLI主催の円卓会議の写真

真柄昭宏AFJ専務理事とミラー主任研究員を含む3ショット写真

ページトップへジャンプ

2019年2月-2019年3月

AFJ定例研究会(2019年2月-3月開催分)


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2019年2月-2019年3月開催分)

AFJの写真

AFJ regular workshops were held on the following topics (February - March 2019).



第36回: 「トランプ大統領一般教書演説を解読する」
“Deciphering President Trump’s State of the Union address”
第37回: 「バー米司法長官の国際情勢認識と米中関係」
“Attorney General Barr’s views on the international situation and the US-China relationship”
第38回: 「5Gをめぐる各国動向」
“Trends around 5G in selected countries”
第39回: 「米朝首脳会談を解読する」
“Deciphering the US-North Korea Summit”

ページトップへジャンプ

2019年1月

吉原欽一AFJ理事長ワシントンDC訪問


吉原欽一AFJ理事長はワシントンDCを訪問し、ケネス・ワインスタイン・ハドソン研究所長兼CEO、アダム・ブランドン・フリーダムワークス会長兼CEOと米国政治情勢や国際情勢についての意見交換を行いました。

Kinichi Yoshihara, AFJ President, visited Washington D.C. He discussed the American political situation and the international situation with Kenneth Weinstein, President and CEO of the Hudson Institute, and Adam Brandon, President and CEO of FreedomWorks.

FreedomWorksのマークと内容を記した画像

ページトップへジャンプ

2019年1月

ジョナサン・ミラーAFJ主任研究員のインタビュー記事掲載


ジョナサン・ミラーAFJ主任研究員の写真

ジョナサン・ミラーAFJ主任研究員の日露関係に関するインタビュー記事がEurasia Reviewに掲載されました。

An interview with Jonathan Berkshire Miller, AFJ Senior Fellow, on the subject of Japan-Russia relations was published in Eurasia Review.

インタビュー部分は下記の通りです。

Below is an excerpt of his interview from the article:

According to Jonathan Berkshire Miller, Senior Fellow at the Asian Forum Japan, the decision to return back to the 1956 Soviet-Japan Joint Declaration as a framework for a peace treaty, makes Russia closer to potentially parting with two of the four disputed isles: Shikotan and Habomai.

“Japanese Prime Minister Shinzo Abe and Russian President Vladimir Putin have definitely worked hard to move beyond historical tensions between Tokyo and Moscow. The two leaders have met over 20 times and Abe has been focused on finding a resolution to the territorial dispute before his third and final term concludes in 2021,” the analyst reminded.

“The reality however remains complicated as there are surely strings attached to any potential land reversion – most importantly caveats placed on the role and potential role of Japan’s ally – the US,” Jonathan Berkshire Miller added.

This puts Tokyo in a difficult position to accept a partial deal with large risks and consequences to its relations with Washington, he said.

“Japan should also be concerned that any deal on the Northern Territories that involves alliance concessions could set a destabilizing precedent for future US support over the Senkaku islands in the East China Sea, which are claimed by China but administered by Japan. As of now, the US has articulated its support for the Senkaku under Article 5 of the US-Japan Security Treaty, as territory controlled by Japan,” the expert explained.

ページトップへジャンプ

2018年12月-2019年1月

AFJ定例研究会(2018年12月-2019年1月開催分)


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2018年12月-2019年1月開催分)

AFJの写真

AFJ regular workshops were held on the following topics (December 2018 - January 2019).



第30回: 「G20首脳会談を解読する」
“Deciphering the G20 Summit meeting”
第31回: 「インテリジェンスが政権を支える時代の到来」
“The arrival of the time when intelligence supports an administration”
第32回: 「冷戦2.0とサプライチェーン・セキュリティ」
“Cold War 2.0 and supply chain security”
第33回: 「想定外の世界における生き残り戦略」
“Survival strategies in the world with unforeseen events”
第34回: 「AFJ世界政治カレンダーを読み解く2019」
“A Forecast of World Politics 2019 – AFJ World Events Calendar”
第35回: 「総力戦としての冷戦2.0」
“Cold War 2.0 ―a total war”

ページトップへジャンプ