一般社団法人 アジアフォーラムジャパン トップページへジャンプ


Home > トピックス > 2016年

トピックス

2016年

2016年12月

AFJは、フリーダム・ワークスのアダム・ブランドン会長 (CEO)を招へいし、意見交換を行いました。


AFJは保守系グラスルーツ団体フリーダム・ワークスのアダム・ブランドン会長 (CEO)を招へいし、大統領選挙及びトランプ新政権に関する意見交換を行いました。1994年の共和党革命と2016年のトランプ勝利におけるグラスルーツ運動のあり方の違いを生んだツイッター・フェイスブック等のSNSの重要性、トランプ政権下で3−4%経済成長が実現した場合の共和・民主両党の伝統的支持基盤に大きな変化が起きる可能性などについて意見交換を行いました。

AFJ invited Mr. Adam Brandon, the President and the CEO of FreedomWorks, a conservative grassroots organization and discussed the US Presidential election and the new Trump administration. The discussion included the significance of social media, such as Twitter and Facebook, which shaped the grassroots movement for Trump’s victory in 2016 making it different from the Republican Revolution of 1994. We also discussed a major change in the traditional support base of both the Republican and Democratic parties will happen if the US economy grows by 3-4% under the Trump administration.

ページトップへジャンプ

2016年12月

EWI訪日団と意見交換を行いました。


AFJは、米イースト・ウェスト研究所(EWI)のデイビット・J・ファイアスタイン氏(Perot Fellow and Senior Vice President, Strategic Trust-Building)を団長とする訪日団を迎えました。 懇談の中で、EWIから、EWIが主催するU.S.-China High-Level Political Party Leaders Dialogueについて説明があり、AFJからは、日中与党交流協議会について紹介しました。AFJとEWIは、両機関が"think & do" tankであるとの認識のもと、これからの具体的な協力のあり方について意見交換しました。

AFJ received a delegation from the East-West Institute (EWI) in the US led by David J. Firestein, Perot Fellow and Senior Vice President, Strategic Trust-Building. In the discussion, EWI explained about the US-China High-Level Political Party Leaders Dialogue and AFJ introduced the Japan-China Ruling Parties Exchange Mechanism. Both organizations acknowledged themselves as “think & do” tanks and discussed specifics of how to cooperate with each other in the future.

ページトップへジャンプ

2016年12月

AFJは中国現代国際関係研究院訪日団と意見交換を行いました。


AFJは、胡継平院長助理兼日本研究所長を団長とする中国現代国際関係研究院訪日団と「トランプ政権下の日中米関係」について意見交換を行いました。

AFJ discussed “Japan, China and the US relations under the Trump administration” with a delegation from the China Institutes of Contemporary International Relations (CICIR) led by Hu Jiping, Assistant President and Director of Institute of Japanese Studies.

ページトップへジャンプ

2016年11-12月

吉原AFJ理事長は、ワシントンDCで議会関係者、草の根団体関係者、シンクタンク関係者らと、意見交換を行いました。


吉原AFJ理事長は、米国大統領選挙直後のワシントンDCを訪問しました。トランプ陣営の経済顧問のスティーブン・ムーア氏(the senior economic contributor for FreedomWorks)、マーク・メドウズ下院議員(下院共和党Freedom Caucus会長)、 マット・サーモン下院議員(下院外交委員会アジア及び太平洋小委員会委員長)をはじめとする議会関係者、草の根団体関係者、シンクタンク関係者らと、日米議員交流等のトランプ政権下の日米関係強化のための具体的方策について意見交換を行いました。

Kin-ichi Yoshihara, President of AFJ, visited Washington D.C. just after the US presidential election. He discussed specific measures to strengthen the Japan-US relationship, including an exchange program for politicians, with Stephen Moore, the senior economic contributor for FreedomWorks and an economic adviser to the Trump camp, Congressman Mark Meadows (Chairman of the House Freedom Caucus) and Congressman Matt Salmon (Chairman of the US House Foreign Affairs Subcommittee on Asia and the Pacific), representatives from grassroots organizations and think-tanks.

Stephen Moore

Rep. Mark Meadows

Rep. Matt Salmon

ページトップへジャンプ

2016年11-12月

AFJ定例研究会を開催しました。(11、12月開催分)


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。

AFJ regular workshops were held on the following topics.

写真


第32回: 「戦略的コミュニケーション―準拠枠の変容と共有―」
“Strategic communication – transformation and sharing of the frame of reference”
第33回: 「米国政治動向―米国大統領選挙結果分析―」
“Political Trends in the US – Analyzing the result of the US Presidential Election”
第34回: 「11月17日の安倍−トランプ会談の展望」
“Outlook of the Abe – Trump meeting on 17 November 2016”
第35回: 「トランプチームと戦略的コミュニケーション」
“The team Trump and strategic communication”

ページトップへジャンプ

2016年11月

真柄昭宏理事・研究部長が拓殖大学・桂太郎塾で講義しました。


真柄昭宏理事・研究部長は拓殖大学の特別講座・桂太郎塾(丹羽文生・海外事情研究所准教授)において、「ミレニアル世代とリーダーシップ」をテーマに講演しました。 講演では、第二次安倍政権の特徴は、政策内容(アベノミクス・積極的平和主義)と政策決定スタイル(官邸主導)が、ネガティブなマインドセットをポジティブなものに転換するものであると指摘、この点がミレニアル世代で安倍首相への支持率が高い理由の一つではないかとの認識を示しました。 その上で、ポジティブなマインドセットを引き継ぐリーダーがミレニアル世代の中から現れることへの期待を述べました。

Akihiro Magara, AFJ Executive Director for Research, gave a lecture at a special programme, Katsura Taro programme of Takushoku University (Fumio Niwa, Associate Professor, the Institute of World Studies). The topic of the lecture was "The Millennial generation and leadership". In the lecture, he pointed out that the second Abe administration has successfully transformed the negative mindset to a positive one by its policies (e.g. Abenomics, proactive contribution to peace) and the decision-making style (i.e. a Kantei-led, top-down policymaking process), which, he believes, is one of reasons that the Millennial generation strongly supports the Prime Minister Abe. He also expressed his hope that a leader succeeding a positive mindset will appear from the Millennial generation.

ページトップへジャンプ

2016年11月

AFJは中国現代国際関係研究院・経済問題訪日団を招いて意見交換を行いました。


AFJは、劉軍紅・中国現代国際関係研究院日本研究所日本経済研究室主任を団長とする経済問題訪日団を招聘し、日中間の経済・金融・貿易・産業の各分野における協力の新しいアプローチの可能性をめぐり、意見交換を行いました。

AFJ invited a delegation from the China Institute of Contemporary International Relations (CICIR) led by Liu Junhong, Director, Division of Japanese Studies, Institute of Japanese Studies to discuss a range of economic issues. AFJ and the delegation explored the possibility of new cooperative approaches in the areas of economy, finance, trade and industry between Japan and China.

ページトップへジャンプ

2016年10月

吉原理事長は北京の中国現代国際関係研究院主催の「CICIRフォーラム2016」で「Japan and China: Their National Image」をテーマに報告しました。


吉原理事長が北京を訪問し、中国現代国際関係研究院(CICIR)主催の国際シンポジウム「CICIRフォーラム2016」に参加し、「Japan and China: Their National Image」をテーマに報告しました。
フォーラムには、海外からは日本、米国、韓国、インド、スウェーデン、シンガポール、インドネシア、フィリピンの専門家12名が参加しました。このうち、日本からは吉原理事長と薮中三十二・立命館大学特別招聘教授(元・外務次官)、米国からはリチャード・ブッシュ・ブルッキングス研究所東アジア政策センター所長、パトリック・クローニン新アメリカ安全保障センター上級顧問、エバン・メデイロス・ユーラシア・グループ・マネジング・ディレクター、アジアリサーチ部門長(元・大統領補佐官兼国家安全保障会議アジア上級部長)他が参加しました。また、中国からは40余名の専門家が参加しました。
吉原理事長の講演内容は、以下のリンクからご覧いただけます。(全文は会員限定)

Kin-ichi Yoshihara, President of AFJ, delivered a speech on “Japan and China: their national images” at the international symposium, “CICIR Forum 2016”, hosted by the China Institutes of Contemporary International Relations (CICIR) in Beijing.

Twelve experts from outside of China participated in the forum from Japan, the US, South Korea, India, Sweden, Singapore, Indonesia and the Philippines. The participants included, from Japan, Kin-Ichi Yoshihara AFJ President, Mitoji Yabunaka, Specially Invited Professor of Ritsumeikan University, (former Japanese Vice-Minister for Foreign Affairs) and from the US, Richard C. Bush III, Director of the Centre for East Asia Policy Studies, the Brookings Institution, Patrick M. Cronin, Senior Advisor and Senior Fellow of the Center for a New American Security, and Evan Medeiros, Managing Director for Asia, Eurasia Group (former Special Assistant to the President of the US and Senior Director for Asian Affairs at the National Security Council). From China, more than 40 experts participated in the forum.

AFJ President, Mr. Yoshihara’s speech is available via the links below (the full version is available to the AFJ members only):







ページトップへジャンプ

2016年10月

エマニュエル・トッド氏と意見交換を行いました。


AFJは、エマニュエル・トッド氏と意見交換を行いました。地政学的観点からみた世界情勢と日本の採るべき選択、人口学の観点からみた日本の少子化問題など、幅広い問題について、率直で実りある意見交換を行いました。

AFJ held frank and fruitful discussions with Emmanuel Todd on a wide range of issues, including the world situation from the geopolitical point of view and choices Japan ought to make, and Japan’s declining birth rates from the point of view of demography.

ページトップへジャンプ

2016年10月

AFJは中国現代国際関係研究院・海洋問題訪日団を招いて意見交換を行いました。


AFJは、樊小菊・中国現代国際関係研究院日本研究所副所長を団長とする海洋問題訪日団を招聘し、東シナ海及び南シナ海における日中間の新しいアプローチの可能性と日中首脳会談の重要性等をめぐり、意見交換を行いました。

AFJ received a delegation from the China Institutes of Contemporary International Relations (CICIR) led by Fan Xiaoju, Deputy Director of the Institute of Japanese Studies, CICIR to discuss maritime issues. Various issues were discussed including the possibility of a new approach between Japan and China regarding the East and South China Seas, and the importance of the Japan-China Summit meetings.

ページトップへジャンプ

2016年10月

ピーター・ロフAFJ客員研究員による最新レポート「ピーター・ロフが語るアメリカ(6)―The Beginning of the End―」を掲載します。


今回のレポートでピーター・ロフAFJ客員研究員は、重要州の新たに有権者登録した人の中では共和党が相当リードしていること、ペンシルバニア州ではこれまで民主党支持で登録していた人のうち10万人以上が今回は共和党で登録していることなどに留意を促しています。

下記のリンクからご覧いただけます。

This report by Peter Roff, AFJ Visiting Research Fellow, points out that substantially more of the newly registered voters in the states that are important to the presidential election are Republican supporters rather than Democrats. Also, over 100,000 voters in Pennsylvania who had formerly supported the Democrats registered as Republicans this time.

The report is available from the link below.

写真

ページトップへジャンプ

2016年10月

AFJ定例研究会を開催しました。(10月開催分)


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。

AFJ regular workshops were held on the following topics (October 2016).

写真


第28回: 「『CICIRフォーラム2016』の総括」
“Reviewing ‘CICIR Forum 2016’”
第29回: 「『AFJ世界政治カレンダー』を読み解く」
“A Forecast of World Politics-‘AFJ World Events Calendar’-”
第30回: 「AI社会の到来とアレント」
“The arrival of the ‘artificial intelligence (AI) society’ and Hannah Arendt ”
第31回: 「イメージと国家」
“Images and the state”

ページトップへジャンプ

2016年9月

AFJは中国現代国際関係研究院と日中シンポジウムを開催しました。


AFJは、「イノベーション時代の日中関係―新世代の相互理解と相互利益と考える―」をテーマにCICIRと共に第27回日中シンポジウムを北京で開催しました。2008年の日中共同声明が再確認された日中首脳会談の直後の開催となりました。シンポジウムでは様々な斬新なアイディアが提示され、常に時代に一歩先んずるというAFJ-CICIRのシンポジウムの伝統をしっかりと引き継ぐものとなりました。

AFJ held, with the China Institutes of Contemporary International Relations (CICIR), the 27th AFJ-CICIR Japan-China Symposium in Beijing, China. The topic of this symposium was “the Japan-China relationship in the era of innovation: considering the mutual understanding and benefits for the next generation”. This followed the Japan-China Summit Meeting where two leaders reconfirmed the Japan-China Joint Statement of 2008. In the symposium, many innovative ideas were put forward, following the tradition of AFJ-CICIR symposia that have been keeping a step ahead of the times.



写真
写真
第27回AFJ-CICIR日中シンポジウム
イノベーション時代の日中関係
−新世代の相互理解と相互利益を考える−
The 27th AFJ-CICIR Japan-China Symposium The Japan-China Relationship in the era of innovation:
Considering the mutual understanding and benefits for the next generation
   
【オープニング】 Opening remarks
吉原欽一AFJ理事長 Kin-ichi Yoshihara, President of AFJ
季志業CICIR院長 Ji Zhiye, President of CICIR
【各セッション】 Sessions
第1セッション:ビッグデータ時代の日中関係 The First Session: The Japan-China relationship in the era of Big Data
第2セッション:ソーシャルメディア時代の日中関係 The Second Session: The Japan-China relationship in the era of Social Media
第3セッション:イノベーションと政治・安全保障 The Third Session: Innovation, and politics and the national security
【総   括】 Concluding remarks
真柄昭宏AFJ理事・研究部長 Akihiro Magara, AFJ Executive Director for Research
胡継平CICIR院長助理 Hu Jiping, Assistant President of CICIR

ページトップへジャンプ

2016年9月

米外交問題評議会のJ・バークシャー・ミラー氏を招いて意見交換を行いました。


AFJは、米外交問題評議会国際関係フェローのJ・バークシャー・ミラー氏を招き、「米国次期大統領下の日米同盟の課題」について意見交換を行いました。日米両国の政治情勢から世界情勢に至るまで、幅広いテーマについて議論しました。

AFJ invited Mr. J. Berkshire Miller, an international affairs fellow with the Council on Foreign Relations, US, and discussed the issues of the Japan-US Alliance under the next US President. We discussed wide rang issues, including the political situations of both Japan and the US and the world situation.

写真

ページトップへジャンプ

2016年9月

エマニュエル・トッド氏の著書『問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論』(文春新書)が9月20日刊行されました。


エマニュエル・トッド氏の著書『問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論』(文春新書)が9月20日刊行されました。この本には、今年1月、AFJが文藝春秋と共催した「エマニュエル・トッド氏を囲む会」での講演が第4章「人口学から見た2030年の世界―安定化する米・露と不安定化する欧・中―」として収録されています。

A book by Emmanuel Todd titled “Mondai wa eikoku dewanai, EU nanoda. 21seiki no shin-kokkaron (The problem is not the UK, but EU: a new theory of the state in the 21st century)” was published by Bungei Shunju on September 20, 2016. Chapter 4 of this book “A demographic analysis of the world in 2030: stabilising the US and Russia and destabilising Europe and China” is based on his lecture at the “Workshop with Emmanuel Todd” co-hosted by AFJ and Bungei Shunju in January 2016.

写真

ページトップへジャンプ

2016年9月

AFJ定例研究会を開催しました。(9月開催分)


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。

AFJ regular workshops were held on the following topics (September 2016).



第25回: 「日ロ首脳会談・G20首脳会談・日中首脳会談の結果分析」
“Assessing the Japan-Russia Summit, G20 Summit and the Japan-China Summit meetings”
第26回: 「米国政治動向―大統領選挙・連邦議会選挙接戦州の最新動向分析―」
“Political Trends in the US ? Analyzing the latest trends of the presidential and congressional elections in toss-up states”
第27回: 「AFJ-CICIR第27回日中シンポジウムの総括」
“Reviewing the 27th AFJ-CICIR Japan-China Symposium”

ページトップへジャンプ

2016年7月

ピーター・ロフAFJ客員研究員による最新レポート「ピーター・ロフが語るアメリカ(5)―And Now Its Begins―」を掲載します。


ピーター・ロフAFJ客員研究員による今回のレポートは民主党支持の労働者層を味方につけたレーガン大統領とトランプ候補との類似性、戸別訪問等の「地上戦」の選挙運動を戦うための組織力と戦術で優位に立ったオバマ大統領とクリントン候補の類似性を指摘するなどアメリカ大統領選に関する最新報告です。
下記のリンクからご覧いただけます。

This report by Peter Roff, AFJ Visiting Research Fellow, is the latest report about the US Presidential election. It highlights similarities between President Reagan, who won over the working class supporting Democrats, and Presidential candidate Trump and similarities between President Obama, who gained a superior position through his campaign’s organization and strategy especially the “ground battle” including door-knocking, and the Presidential candidate Hillary Clinton.
His report is available from the link below.

写真

ページトップへジャンプ

2016年7月

AFJ定例研究会を開催しました。(7月開催分)


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。

AFJ regular workshops were held on the following topics (July 2016).

写真


第24回: 「米国における軍事イノベーションの現状と今後―第三のオフセット戦略、サイバー戦を中心に―」
(講師:部谷直亮・一般社団法人ガバナンスアーキテクト機構研究員)(写真)
“The current situation and future of the military innovation in the US - focusing on the third offset strategy and cyber warfare”
(Lecturer: Naoaki Hidani, researcher of the Governance Architect Organization) (photo)

ページトップへジャンプ

2016年7月

AFJは中国現代国際関係研究院訪日団を招聘しました。


AFJは、胡継平院長助理兼日本研究所長を団長とする中国現代国際関係研究院訪日団と日中両国の政治経済情勢や、SNSの発展とメディア環境の変化等について意見交換を行いました。

AFJ received a delegation from the China Institute of Contemporary International Relations (CICIR) led by Prof. Hu Jiping, Assistant President and Director of Institute of Japanese Studies. Various issues were discussed including the political and economic situation in China and in Japan and the development of SNS and changes of the media environment.

ページトップへジャンプ

2016年7月

ジェームズ・ルシア氏がAFJに来訪しました。


AFJワークショップで講師を務めたジェームズ・ルシア氏(キャピタル・アルファ・パートナーズ社マネージング・ディレクター)がAFJに来訪し、日本の参議院選挙の評価、アベノミクスの今後等について意見交換を行いました。

Following his lecture at an AFJ workshop, Mr. James Lucier, Managing Director of Capital Alpha Partners LLC, visited AFJ. AFJ and Mr Lucier exchanged views on a range of issues including the evaluation of the Japanese House of Councillors election on July 10 and the future of Abenomics.

写真


ページトップへジャンプ

2016年7月

吉原欽一理事長がユーラシア・グループを訪問し、日本政治や米中関係についての意見交換を行いました。


吉原欽一理事長がユーラシア・グループを訪問し、日本政治や米中関係についての意見交換を行いました。

Kin-ichi Yoshihara, Presidents of AFJ visited Eurasia Group and exchanged views with Japanese politics and US-China relations.

写真


ページトップへジャンプ

2016年7月

AFJはジェームズ・ルシア氏(キャピタル・アルファ・パートナーズ社マネージング・ディレクター)を招き、「AFJワークショップ・米国大統領選2016−U」を開催しました。


AFJはジェームズ・ルシア氏(キャピタル・アルファ・パートナーズ社マネージング・ディレクター)を招き、「AFJワークショップ・米国大統領選2016−U」を開催しました。ルシア氏とAFJの関係は20年以上に及びます。ルシア氏は、かつて政策知識人に関するAFJワークショップ(2011年)において、AFJは年間を通じて同じものを作り提供する「ハンバーガー・チェーンの調理人」のようなシンクタンクではなく、人々が本当に求めているアイディアを生み出す「料理の鉄人」であるべきであり、新しいシンクタンクの形を切り拓く責務を帯びているとして、AFJの意義を高く評価しました。
今回のワークショップから見えてきたのは、トランプ現象の背後にあるダイナミズムです。欧米諸国ではエスタブリッシュメントが労働者層の不安を無視し、構造改革を怠ってきた結果、経済の低迷が続き、新しいリーダーと変化が強く求められています。欧米諸国のこのような状況の中で、日本の構造改革を推進するためのアベノミクス第3の矢の重要性が増していることを改めて確認することができました。

AFJ invited Mr. James P. Lucier Jr., Managing Director, Capital Alpha Partners LLC, and held "AFJ workshop: the 2016 US presidential election II".

Mr. Lucier and AFJ have worked together over 20 years. In 2011, he stated in an AFJ workshop regarding policy intellectuals that AFJ needed to be a "iron chef " that creates ideas people are really seeking, rather than a "cook at fast food hamburger restaurant " that offers identical dishes all the time. He also highly praised AFJ's role, pointing out that AFJ has responsibility for distinguishing the new shape of think tanks.

This workshop suggested that there is dynamism behind the Trump Phenomenon. In the US and European countries, as a result that the Establishment has ignored the anxiety of the working class and neglected structural reforms, economic downturn has continued and changes and a new leader is strongly required. Considering such situation in the US and European countries, participants confirmed the significance of the third arrow of Abenomics to promote Japan's structural reforms.



テーマ どうなるアメリカ?
“James Lucier talks about America”
講師 ジェームズ・ルシア
(キャピタル・アルファ・パートナーズ社マネージング・ディレクター)
James P. Lucier Jr., Managing Director, Capital Alpha Partners LLC.


写真
写真
写真
写真
写真
写真

ページトップへジャンプ

2016年6月

AFJは、パリ第4大学准教授のエマニュエル・クレイン氏をお迎えし、『エマニュエル・クレイン氏を囲む会』を開催しました。


AFJは、2016年度「政策知識人プロジェクト」の一環として、フランスからパリ第4大学准教授のエマニュエル・クレイン氏をお迎えし、ワークショップを開催いたしました。
クレイン氏には、日仏関係から、英国のEU離脱(Brexit)、移民・難民、そして修復的正義についてと、多岐にわたる問題について講演していただきました。
また、第二部の質疑応答では、コメンテーターとしてパリ第4大学などで教鞭をとっておられたミーシャ・ゾボップ氏と篠田徹早稲田大学教授を迎え、現在問題となっている英国のEU離脱を巡り論議が交わされました。
今回のワークショップで大変興味深かったのは、Brexitの問題が経済的視点からではなく、文化的・文明論的視点から取り上げられ議論されたことです。
このことは今回のワークショップに深みと厚みを与えることになり、AFJならではの特色ある会議となりました。

AFJ invited Dr. Emmanuelle Crane, Adjunct Professor, Sorbonne Paris 4 at the "Workshop with Emmanuelle Crane" as part of the "policy intellectual project". She gave a lecture on a range of issues, including relations between France and Japan, the UK's Brexit, immigrants and refugees, and restorative justice.

Prof. Misha Zobop, who used to teach at Sorbonne Paris 4 and other universities, and Prof. Toru Shinoda, Waseda University also joined the second half of the workshop Q&A. The panel and participants discussed the curently focused UK's Brexit issue.

It was very interesting in the workshop that Brexit was discussed from the cultural and civilization point of views, rather than economic point of view. This provided the workshop with depth and width, which was also characteristic of AFJ.


写真
写真


写真
写真

ページトップへジャンプ

2016年6月

エマニュエル・クレイン氏がAFJに来訪しました。


『エマニュエル・クレイン氏を囲む会』で講師を務めたエマニュエル・クレイン・パリ第4大学准教授がAFJに来訪しました。

Dr. Emmanuelle Crane, Adjunct Professor, Sorbonne Paris 4, who gave a lecture at the "Workshop with Emmanuelle Crane", visited AFJ.

写真


ページトップへジャンプ

2016年4-6月

AFJ定例研究会を開催しました。


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(4−6月開催分)

AFJ regular workshops were held on the following topics (April-June 2016).

写真

写真


第10回: 「中国政治動向―軍制改革について―」
“Political Trends in China - reform of the military system”
第11回: 「中国政治動向―ルトワックは中国をどのように見ているか―」
“Political Trends in China - Edward Luttwak's view on China”
第12回: 「AFJ世界政治カレンダーを読み解く」
“A Forecast of World Politics-AFJ World Events Calendar-”
第13回: 「日本政治動向―4月24日の北海道5区補欠選挙結果分析―」
“Political Trends in Japan - Analysing the result of the Hokkaido 5th district by-election held on 24 April 2016”
「米国政治動向―トランプ候補の外交演説及び選挙情勢―」
“Political Trends in the US - the Presidential candidate Trump's speech on diplomacy and the 2016 presidential primary polls and predictions”
第14回: 「オバマ大統領広島訪問の戦略的意義」
“Strategic significance of President Obama's visit to Hiroshima”
「ロンドン市長選の争点としての住宅問題」
“Housing problem as an issue of the London Mayoral Election ”
第15回: 「アクティベーションの時代の政治課題―社会関係資本整備―」
(講師:篠田徹・早稲田大学社会科学総合学術院教授)(写真)
“Political issues in the era of activation - social capital development”(Lecturer: Prof. Toru Shinoda, Faculty of Social Sciences, Waseda University) (photo)
第16回: 「トランプ候補の金融政策の考え方」
“US Presidential candidate, Trump's monetary policy concept”
「ナルイシキンロシア下院議長の訪日について」
“About the visit to Japan by Naryshkin, Chairman of the State Duma of the Russian Federation”
第17回: 「伊勢志摩サミットの結果分析」
“Assessing G7 Ise-Shima Summit”
「台湾政治動向―蔡英文の総裁就任演説について−」
“Political Trends in Taiwan - About President Tsai Ing-wen's inaugural speech”
第18回: 「日本政治動向―6月1日の安倍首相記者会見分析―」
“Political Trends in Japan - Analysing Prime Minister Abe's press conference on 1 June”
「米国政治動向―接戦州の世論動向―」
“Political Trends in the US - presidential polls and predictions in toss-up states”
第19回: 「シャングリラ会議と米中戦略経済対話の結果分析」
“Assessing the Shangri-La Dialogue and the US-China Strategic and Economic Dialogue”
「9月の日露ウラジオストク・杭州連続首脳会談の戦略的意義」
“Strategic significance of the Japan-Russia consecutive summit meetings in Vladivostok and Hangzhou in September”
第20回: 「ベーシックインカムについてのスイス国民投票とシリコンバレーの動向」
“Universal Basic Income−the Swiss referendum and trends in Silicon Valley−”
第21回: 「南シナ海、東シナ海をめぐる安全保障環境」
“The strategic and security environment in the South and East China Seas”
「BREXIT・スコットランド独立問題・石油価格」
“BREXIT, the issues about Scottish independence, the oil price”
第22回: 「保守派のベーシックインカム論の源流をたどる―ニクソン政権の「家族援助計画」形成過程における政策知識人の影響力;Milton Friedman, Daniel Patrick Moynihan, Martin Anderson, William Safire−」
“Following the sources of conservatives' basic income theory - the influence of political intellectuals in the development process of 'Family Assistance Plan' under the Nixon administration: Milton Friedman, Daniel Patrick Moynihan, Martin Anderson, William Safire - ”
「ロボット化・人工知能化社会とハンナ・アーレント―action, work,labor―」
“The society after robotization and artificial intelligence (AI), and Hannah Arendt - action, work, labor -”
第23回: 「Britain Votes to Leave EU」
(講師:Professor Misha Zobop)(写真)
“Britain Votes to Leave EU”
(Lecturer: Prof. Misha Zobop) (photo)

ページトップへジャンプ

2016年3月

吉原理事長と中村常務理事は、ハドソン研究所のケン・ワインシュタインCEOらと意見交換を行いました。


吉原理事長と中村常務理事は、開所式直前の新たなハドソン研究所のオフィスを訪ね、ケン・ワインシュタインCEOらと新年度の方針等について意見交換を行いました。新たなオフィスは、議会とホワイトハウスの間に位置しています。

Kin-ichi Yoshihara, AFJ President and Katsuhiko Nakamura, AFJ Senior Executive Director visited the new office of the Hudson Institute just before the opening ceremony, and discussed plans and directions for the new fiscal year with Mr. Ken Weinstein (CEO) and others of the Hudson Institute. Their new office is located between Capitol Hill and the White House.

写真


ページトップへジャンプ

2016年3月

吉原理事長と中村常務理事は、米保守派グラスルーツ団体"FreedomWorks"の特別招待を受け、オハイオ州シンシナティで開催された"FreePAC: Morning in America Summit"に参加しました。


"FreePAC: Morning in America Summit"は保守派グラスルーツ団体のFreedomWorksが主催したイベントで、オハイオ州内外から約1300名が参加しました。2016年オハイオ州予備選挙を翌週に控え大統領選挙の行方が注目される中での開催でした。
サミットでは、アダム・ブランドンFreedomWorks会長 (CEO)のスピーチをはじめとして、大統領選挙と同時に行われる連邦議会議員選挙を見据え、ジム・ジョーダン連邦下院議員(オハイオ州第4区、当選5回、Republican Study Committee委員長)、マーリン・スタッツマン連邦下院議員(インディアナ州第3区、当選3回、下院財務委員会委員、2016年連邦上院議員候補)、トーマス・マシー連邦下院議員(ケンタッキー州第4区、当選2回、下院科学・宇宙・技術委員会委員、MIT出身の異色議員)ら上・下両院議員候補者が駆けつけ、議会選挙の重要性を訴えました(写真掲載)。
サミット終了後には、サミットに参加した20代の学生を対象にセミナーが開催され、フォーカス・グループ調査も行われました。

About 1,300 people from Ohio and beyond participated in "FreePAC: Morning in America Summit", which was held by a conservative grassroots organization FreedomWorks. This timely event took place a week before the 2016 Ohio Presidential Primaries when the presidential race attracted great interest.

At the Summit, US Senate and Congressional candidates stressed the importance of the 2016 Congressional elections, which will be held alongside the 2016 Presidential election. The speakers included:

  • Adam Brandon, the President and CEO of FreedomWorks
  • US Congressman Jim Jordan (the US Representative for Ohio's 4th congressional district. Elected 5 times. Chair of the Republican Study Committee)
  • US Congressman Marlin Stutzman (the US Representatives for Indiana's 3rd congressional district. Elected three times. A member of the US House Committee on Financial Services. A candidate for the US Senate in 2016 )
  • A unique congressman MIT graduate Thomas Massie (the US Representative for Kentucky's 4th congressional district. Elected twice. A member of the US House Committee on Science, Space and Technology).
    (Below are their photos)

After the Summit, a seminar for student participants in their twenties was held. A focus group survey also took place.


写真
写真
写真
写真
写真
写真

ページトップへジャンプ

2016年2・3月

AFJ定例研究会を開催しました。


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2・3月開催分)

AFJ regular workshops were held on the following topics (February and March 2016).

写真


第5回: 「中国政治動向―不信の連鎖と日中関係―」
“Political Trends in China - Chains of distrust and Japan-China relations”
第6回: 「ミュンヘン安全保障会議と欧州情勢」
“The Munich Security Conference and the current situation in Europe”
第7回: 「米国政治動向―ミレニアル世代の政治意識―」
“Political Trends in the US - Political attitudes of the Millennials”
第8回: 「米国政治動向―スーパーチューズデー結果分析―」
“Political Trends in the US - the analysis of the Super Tuesday results”
第9回: 「米国政治動向―訪米報告―」
“Political Trends in the US - reporting the US visit”

ページトップへジャンプ

2016年2月

ピーター・ロフAFJ客員研究員がAFJ レポート「ピーター・ロフが語るアメリカ(4)」を寄稿しました。


AFJレポート「ピーター・ロフが語るアメリカ(4)」で、ピーター・ロフAFJ客員研究員は、共和・民主両党の活動家やポピュリスト勢力が感じている米国の未来についての不確実性が今回の大統領選を予測不可能にしており、共和党では決着が7月の共和党全国大会までもつれ込む可能性も指摘しています。下記のリンクからご覧いただけます。
下記のリンクからご覧いただけます。

In the AFJ report "Peter Roff talks about America (No. 4)", he argues that uncertainties of the future of the US among activists of both Republican and Democratic parties and populist groups make it impossible to predict the US presidential election result. He also points out a possibility that a Republican presidential nominee will only be determined at the Republican National Convention planned to be held in July 2016. His report is available from the link below.

写真

ページトップへジャンプ

2016年1月

AFJは文藝春秋とともにエマニュエル・トッド氏を招聘し、「エマニュエル・トッド氏を囲む会」を開催しました


AFJは、2015年度政策知識人プロジェクト「The Next Step」の締めくくりとして、「エマニュエル・トッド氏を囲む会」を開催いたしました。トッド氏には「混迷する世界と日本の針路―2020年を睨んで―」をテーマに、現下の世界情勢と日本の針路について予定時間を大幅に上回り熱く語って頂きました。
質疑応答では、コメンテーターとして電通総研所長の大越いづみ氏にも参加していただきました。
講演と質疑で、トッド氏が特に強調したのは各国の出生率と高等教育進学率を準拠枠として、各国の安定度が測定できること、そして、世界の主要な極(米・露・中・欧)の安定の度合いを見定めることが、日本の長・中期的な外交・安全保障戦略を考えるに際して重要であるという点です。
今回の講演と質疑応答から見えてきたのは、トッド氏が現状をイデオロギー的・感情的に裁断する知識人では決してなく、常に現実との接点をとりつつ分析する知識人であることです。そして、トッド氏のリアリズム的視座からする世界情勢の分析は、我々の常識的見方を揺さぶるのに十分な濃い内容のものとなりました。

AFJ concluded its policy-intellectual project 2015 "The Next Step" with the "Workshop with Emmanuel Todd". In his exciting lecture "An unstable world and Japan's path: towards 2020", he discussed extensively the current situation of the world and directions Japan should take. Ms. Izumi Okoshi, Head of Dentsu Innovation Institute, also participated in the Q&A session that followed as a commentator.



写真
写真
写真
写真

写真
写真
写真


写真
写真
写真

写真
写真

ページトップへジャンプ

2016年1月

1月29日に発表された米国ペンシルベニア大学の2015年版世界シンクタンク調査報告書『2015 Global Go To Think Tanks Index Report』において、AFJは5位(アジア4カ国:日本、中国、インド、韓国)にランクされました。


AFJは、米国ペンシルバニア大学ラウダー研究所「シンクタンク・市民社会プログラム(TTCSP)」の2015年版世界シンクタンク調査報告書 "2015 Global Go To Think Tanks Report" において、アジア4カ国(日本、中国、インド、韓国の859シンクタンク)のランクで5位となりました(昨年は7位)。日本のシンクタンクでは109シンクタンク中2位でのランク入りとなります。2007年版以降、8回目のランク入りとなります。
同調査の詳細は下記のリンクからご覧いただけます。

(AFJはレポートのp.63に掲載されています。)

AFJ was ranked fifth in the "Top Think Tanks in China, India, Japan and the Republic of Korea" category of the "2015 Global Go To Think Tanks Index Report" among 859 think tanks in these countries. This report is developed by the Think Tanks and Civil Societies Program (TTCSP) of The Lauder Institute, University of Pennsylvania (Last year, AFJ was ranked seventh in the same category). AFJ is the second highest among the 109 Japanese think tanks. AFJ has been listed in the ranking eight times since the 2007 Report.

The "2015 Global Go To Think Tanks Index Report" is available at:

AFJ is listed on p. 63 of the report.

写真

ページトップへジャンプ

2016年1月

AFJ定例研究会を開催しました。


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(1月開催分)

AFJ held its regular workshops on the following topics (January 2016).

写真


第1回: 「2016年の内外の主な政治日程について」
“Key domestic and international political events in 2016”
「第3のオフセット戦略と日本の成長戦略」
“The Third Offset Strategy and Japan's growth strategy”
第2回: 「台湾総統選挙結果分析」
“Analysis of the Taiwanese presidential election”
第3回: 「新年度研究事業計画検討会」
“Discussing the research plan for the next financial year ”
第4回: 「米国政治動向−アイオワ州党員集会結果分析−」
“Political trends in the US - Analysis of the Iowa Caucus results”
「日本政治動向−日銀のマイナス金利政策導入決定−」
“Political trends in Japan - Adoption of a Negative Interest Rate policy by the Bank of Japan”

ページトップへジャンプ

2016年1月

真柄昭宏理事・研究部長が北海道大学公共政策大学院(HOPS)で講義しました。


真柄昭宏理事・研究部長は北海道大学公共政策大学院(HOPS)の講義「公共経営事例研究」(担当教官:村上裕一准教授、笠松拓史教授他)において、「改革に必要な新たな経済政策等の決定過程について考える」をテーマに、小泉政権期の大臣政務秘書官及び第二次安倍政権期の内閣官房参事官の経験をもとに、政治・行政に新しい政策を求めていくための基本的な考え方と具体的方法について講義しました。質疑応答の中で真柄理事・研究部長は、市民が政策を実現する方法の一つとして米国の草の根団体で600万人の活動家を擁するフリーダム・ワークスの事例を紹介し、エスタブリッシュメント以外の市民や政治任用スタッフが政策を実現していく上でHOPSのような専門職学位課程が人々に正統性付与の役割を果たすことの重要性を指摘しました。

Akihiro Magara, AFJ Executive Director for Research gave a lecture at the Hokkaido University Public Policy School (HOPS). The topic of the lecture was "How to open the policy window for reform?" In the lecture, he highlighted the importance of the mindset and specific methods that seek improvement and changes in politics and administration, based on his experience as a political secretary to a Minister of State Heizo Takenaka under the Koizumi administration and a Counselor of Cabinet Secretariat under the second Abe administration.

ページトップへジャンプ