一般社団法人 アジアフォーラムジャパン トップページへジャンプ


Home > トピックス > 2015年

トピックス

2015年

2015年12月

AFJはフリーダム・ワークスのアダム・ブランドン会長 (CEO)らを招へいし、『ワークショップ:米国大統領選2016』を開催しました。


AFJは保守系グラスルーツ団体フリーダム・ワークスのアダム・ブランドン会長 (CEO)と共和党系の選挙コンサルタントのクリストファー・ベイカー氏を招へいし、『ワークショップ:米国大統領選2016』を開催しました。ワークショップでは、現在の米国の様々な政治現象はワシントンDCの既成政治に対する人々の「怒り」が原動力となっていることを確認することができました。フリーダム・ワークスは、資金力と広告によって決まる既成政治と対峙してグラスルーツの基盤を不可欠とする政治をめざし、争点を形成し、成長志向等のポジティブな政策を掲げています。今回のワークショップでは、政治危機を克服し、新たなエスタブリッシュメントを作り上げていく米国政治のダイナミズムを伺わせるものとなりました。

AFJ invited Mr. Adam Brandon, the President and the CEO of FreedomWorks, a conservative grassroots organisation, and Mr. Christopher Baker, a campaign consultant, to our "Workshop: the 2016 US presidential election". This workshop highlighted the dynamism of American politics today.

ワークショップ:米国大統領選2016


テーマ: 「どこへ行く米国―米国大統領選・議会選挙動向からみる米国の今後」
Where is the US heading?: Future of the US from the trends in the 2016 US presidential and congressional elections
講師: アダム・ブランドン・フリーダム・ワークス会長 (CEO)
クリストファー・ベイカー・キャンペーンコンサルタント
Adam Brandon, the President and CEO of FreedomWorks
Christopher Baker, Campaigning Consultant

ページトップへジャンプ

2015年12月

AFJは米国のハドソン研究所とワークショップを開催しました。


AFJは、ハドソン研究所のワインシュタインCEOらを招き、ワークショップ「日米が直面する北東アジア安全保障環境2015」を開催しました。本ワークショップには、鈴木敦夫・防衛省防衛政策局次長、森卓生・防衛装備庁装備政策部装備政策課長、鈴木茂・防衛装備庁技術戦略部技術振興官の皆様もご参加いただきました。ワークショップでは、防衛貿易協力条約(DTCT)、Foreign Military Sales、Autonomy等について活発な議論が行なわれました。

AFJ invited Mr. Ken Weinstein (CEO) and others from the Hudson Institute to workshop, "Japan-US Security Challenges in Northeast Asia 2015". The participants included officials from the Ministry of Defense, Japan: Mr. Atsuo Suzuki, Deputy Director General, Bureau of Defense Policy; Mr. Takuo Mori, Director, Equipment Policy Division, Department of Equipment Policy, Acquisition, Technology and Logistics Agency (ATLA) and; Mr. Shigeru Suzuki, Director, Technology Promotion and IP Management Division, Technology Strategy Department, ATLA. The discussion in the workshop ranged from the Defense Trade Cooperation Treaty (DTCT), Foreign Military Sales to Autonomy.

AFJ・ハドソン研究所ワークショップ2015


『AFJ・ハドソン研究所ワークショップ2015』
Ken Weinstein CEO, Hudson Institute
Lewis Libby Senior Vice President, Hudson Institute
William Schneider Senior Fellow, Hudson Institute
Arthur Herman Senior Fellow, Hudson Institute
Atsuo Suzuki Deputy Director General, Bureau of Defense Policy, MOD
Takuo Mori Director, Equipment Policy Division, Department of Equipment Policy, ATLA, MOD
Shigeru Suzuki Director, Technology Promotion and IP Management Division, Technology Strategy Department, ATLA, MOD

写真
写真

歓迎レセプションで12月17日午前の安倍首相との会見を報告

新藤義孝前総務大臣とハドソン研究所一行




写真
写真
写真




小野寺五典・元防衛大臣とハドソン研究所一行


ページトップへジャンプ

2015年12月

ピーター・ロフAFJ客員研究員がAFJ レポート「ピーター・ロフが語るアメリカ(3)次期大統領を選出する」を寄稿しました。


AFJレポート「ピーター・ロフが語るアメリカ(3)」では、ピーター・ロフAFJ客員研究員がトランプ現象を、外からみると堅そうにみえるがそれは表面だけのメレンゲに例え、大統領選予測に不確実性をもたらす様々な要因について考察しています。
下記のリンクからご覧いただけます。

In the AFJ report "Peter Roff talks about America No. 3", he uses meringue as a metaphor to describe the Trump phenomenon since, although it is not truly the case, it looks solid from outside. He also considers various factors that bring uncertainties to the prediction of the US presidential election.His report is available from here.

写真

ページトップへジャンプ

2015年12月

AFJは中国現代国際関係院と日中シンポジウムを開催しました。


AFJは中国現代国際関係研究院(CICIR)の胡継平中国現代国際関係研究院院長助理兼日本研究所所長らを招き、「アジア太平洋地域の戦略環境」をテーマに、第26回AFJ-CICIR日中シンポジウムを開催しました。AFJとCICIRは、これまで多くの実質的な結果を出し続け、日中関係が悪化しているときにこそ意義のある交流として定着し、ここ数年間の日中関係の健全かつ安定的な発展にも貢献してきました。今回のシンポジウムでは、AFJからは茶谷展行主任研究員が「安倍政権の戦略的方向性について」について、真柄昭宏理事・研究部長が「アベノミクスとジオエコノミクス」について報告しました。討論では、南シナ海の紛争、中国の戦略的辺疆論、TPP、人民元の為替自由化等について率直な意見交換が行われました。

AFJ held the 26th AFJ-CICIR Japan-China Symposium. The topic of this symposium was "The Strategic Environment in the Asia Pacific region". Participants had a frank discussion about various subjects, including the conflict in the South China Sea, China's strategic frontiers, TPP and renminbi liberalization.


第26回AFJ-CICIR日中シンポジウム


第26回AFJ-CICIR日中シンポジウム
「アジア太平洋地域の戦略環境」
胡継平 中国現代国際関係研究院 院長助理兼日本研究所所長
李軍 中国現代国際関係研究院 朝鮮半島研究室主任
劉軍紅 中国現代国際関係研究院 全球化研究中心主任 日本研究所研究員
徐永智 中国現代国際関係研究院 日本研究所助理研究員
劉天聡 中国現代国際関係研究院朝鮮半島研究室助理研究員

写真

胡継平

写真

李軍

写真

劉軍紅



写真

徐永智

写真

劉天聡

写真

大川恵子研究員



写真

矢嶋礼研究員

写真

ページトップへジャンプ

2015年11月

真柄昭宏AFJ理事・研究部長の論文「安倍晋三と池田勇人−長期政権の経済政策と政策知識人−」が『海外事情』2015年11月号((拓殖大学海外事情研究所刊)に掲載されました。


真柄昭宏AFJ理事・研究部長の論文「安倍晋三と池田勇人−長期政権の経済政策と政策知識人−」が月刊誌『海外事情』(拓殖大学海外事情研究所)11月号に掲載されました。同論文は、日本政治における政策知識人及び政治シンクタンクの重要性を論じたものであり、また、派閥、長期政権、経済政策形成過程について従来の見方とは異なる視点を提起しています。

An article by Akihiro Magara, AFJ Executive Director for Research, was published in the November 2015 issue of the Journal of World Affairs (Institute of World Studies, Takushoku University). Magara argues the importance of policy intellectuals and political think-tanks in politics in Japan and raises viewpoints, which differ from conventional ones, regarding party factions, a government in power for long periods and the process of economic policy-making.

写真

ページトップへジャンプ

2015年11月

茶谷展行主任研究員が台湾を訪問し、中台首脳会談後の台湾政治、そして来年1月の総統選挙動向について、民進党や亜東関係協会の関係者らと意見を交換しました。


1日目は、民主進歩党(民進党)本部において吳サ燮秘書長、邱義仁元行政院副院長らと民進党総統候補の蔡英文の政策や日台関係について深く意見を交換し、その後、民進党スポークスマンである阮昭雄台北市議員や民進党政策スタッフなどと意見を交換しました。

  • 吳サ燮・民進党秘書長
  • 邱義仁・元行政院副院長
  • 阮昭雄・民進党スポークスマン・台北市議員
On the first day of his visit, at the headquarters of the Democratic Progress Party (DPP), Mr. Chatani held extensive discussions with Dr. Jaushieh Joseph Wu, Secretary General of DPP, and Mr. Chiou I-jen, former Vice Premier. Discussions covered the policies of Dr. Tsai Ing-wen, the party's presidential candidate in 2016 and Japan-Taiwan relations. Mr. Chatani also held discussions with Mr. Juan Chao-Hsiung, DPP spokesperson and Taipei city councilor, and other policy staff.
  • Jaushieh Joseph WuSecretary General, Democratic Progressive Party (DPP)
  • Chiou I-jenFormer Vice Premier
  • Juan Chao-hsiungDPP spokesperson/Taipei city councilor

2日目は、対日窓口機関の亜東関係協会の李嘉進会長、李世丙副参事らと台湾情勢や日台関係について意見を交換しました。

  • 李嘉進・亜東関係協会会長
  • 李世丙・亜東関係協会副参事
On the second day of his visit, Mr. Chatani discussed the situation in Taiwan and relations between Taiwan and Japan with Dr. Lee Chia-chin, President, and Mr. Lee Shih-bing, Deputy Counselor of the Association of East Asian Relations. The association handles matters concerning Japan.
  • Lee Chia-chinPresident, Association of East Asian Relations
  • Lee Shih-bingDeputy Counselor, Association of East Asian Relations 

ページトップへジャンプ

イベント

AFJ政策知識人プロジェクト「The Next Step」のお知らせ


AFJでは2015年12月から2016年1月にかけて、「政策知識人プロジェクト」の一環として米仏両国より政策知識人を招き、日本、米国、そして世界の「The Next Step」を考える連続ワークショップを開催します。

  • 『エマニュエル・トッド氏を囲む会』
  • 『ワークショップ:米国大統領選2016』
  • 『AFJ・ハドソン研究所ワークショップ2015』
From December 2015 to January 2016, AFJ will invite policy intellectuals from the US and France to Japan as part of the "policy intellectual project", and hold a series of workshops with them to consider the"The Next Step" of Japan, the USA and the world.
They are:
  • "Workshop with Emmanuel Todd"
  • "Workshop: the 2016 US presidential election"
  • "AFJ-the Hudson Institute joint workshop 2015"


(1)『エマニュエル・トッド氏を囲む会』開催のお知らせ

(写真提供:文藝春秋)

AFJは文藝春秋とともに、世界を代表する知識人の一人エマニュエル・トッド氏を招へいし、それに伴いトッド氏を囲むイベントを開催いたします。トッド氏は、ソビエト連邦の崩壊を予見し、『帝国以後』ではアメリカの金融危機を適確に予測するなど、その発言は世界に影響を与えています。 トッド氏には、主として、激変する世界情勢をどのように読み解くべきか、そして日本の進むべき道について語って頂く予定です。

Information on "Workshop with Emmanuel Todd"

AFJ, in cosponsorship with Bungeishunju Ltd., will invite Dr. Emmanuel Todd, one of the world-leading intellectuals and hold an event with Dr. Todd. He predicted the collapse of the Soviet Union. Also in his book, After the Empire), he accurately predicted the US financial crisis. He has influenced the world through his intellectual work.
We are planning to ask Dr. Todd to suggest approaches to understanding the rapidly changing world and ways that Japan can take in this ever-changing world.


テーマ: 「激動する世界と日本の選択」
The rapidly changing world and choices for Japan
講師: エマニュエル・トッド
Emmanuel Todd
日時: 2016年1月
January 2016
主催: AFJ・文藝春秋
AFJ and Bungeishunju Ltd.


(2)『ワークショップ:米国大統領選2016』開催のお知らせ

AFJは、2016年米国大統領選を前に、共和党に大きな影響力を持つ、保守系グラスルーツ団体フリーダム・ワークスのアダム・ブランドン会長 (CEO)らを招へい致します。ワークショップでは、2016年の米国大統領選挙及び議会選挙動向を中心として、米国の政治・経済について議論します。さらに、オバマ後の日米関係についても参加者とともに考える予定です。

Information on"Workshop: the 2016 US presidential election"

As the US presidential election year is fast approaching, AFJ will invite Mr. Adam Brandon, the President and CEO of FreedomWorks to Japan. FreedomWorks is one of the conservative grassroots organistaions in the US and has been highly influencial in the Republican Party. In the workshop, focusing on the trends in the 2016 US presidential and congressional elections, politics and the economy of the US will be discussed. The US-Japan relations after the Obama era will also be considered with participants.


テーマ: 「どこへ行く米国―米国大統領選・議会選挙動向からみる米国の今後」
Where is the US heading?: Future of the US from the trends in the 2016 US presidential and congressional elections
講師: アダム・ブランドン・フリーダム・ワークス会長 (CEO)
クリストファー・ベイカー・キャンペーンコンサルタント
Adam Brandon, the President and CEO of Freedomworks
Christopher Baker, Campaigning Consultant
日時: 2015年12月
December 2015
主催: AFJ


(3)『AFJ・ハドソン研究所ワークショップ2015』開催のお知らせ

AFJは、昨年に引き続き、ハドソン研究所との共同ワークショップを開催いたします。
今年4月の安倍首相の訪米で日米関係の確固とした基盤が再構築され、9月には日本で安保法制が成立し、日米同盟が「次のステップ」へと移行する時を迎えています。AFJは、日米のシンクタンクが情勢認識を共有し、問題解決のためのアイディアを議論し実践に移すために貢献することが重要と考えます。
そこで今回のワークショップは「トラック1.5」をにらみ、次の日米同盟のあり方について議論します。

Information on "AFJ-Hudson Institute joint workshop 2015"

Following the success of the last year's joint workshop, AFJ will hold another joint workshop with Hudson Institute this year. In April this year Prime Minister Abe's visit to the US helped rebuild the solid foundation of the US-Japan relations. With the passage into law of Japan's security bills in September, the US-Japan alliance is taking a "next step".
AFJ will contribute to ensure that Japanese and American think-tanks share a common understanding of the situation, discuss ideas to solve problems and take actions. Therefore, the next stage of the US-Japan alliance will be discussed in this workshop, exploring the utility of 'Track 1.5'.


テーマ: 「日米が直面する北東アジア安全保障環境2015」
Japan-US Secuity Challenges in Northeast Asia 2015
講師: ケン・ワインシュタイン(ハドソン研究所所長(CEO))
アーサー・ハーマン(ハドソン研究所上級研究員)
ウィリアム・シュナイダー(ハドソン研究所上級研究員)

Kenneth R. Weinstein, President and CEO, Hudson Institute
Arthur Herman, Senior Fellow, Hudson Institute
William Schneider, Senior Fellow, Hudson Institute
and others
日時: 2015年12月
December 2015
主催: AFJ・ハドソン研究所
AFJ and Hudson Institute

ページトップへジャンプ

2015年11月

AFJ定例研究会を開催しました。


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(11月開催分)

AFJ regular workshops were held on the following topics (November 2015).

写真

第27回: 「レーガン国防フォーラムにおける正副国防長官演説分析」
Analysis of speeches by the US Secretary of Defense and the US Deputy Secretary of Defense at the 2015 Reagan National Defense Forum
第28回: 習近平・馬英九会談の分析
Analysis of the summit between Xi Jinping and Ma Ying-jeou
第29回: 最近の台湾動向を考える
Examining the recent trends in Taiwan
第30回: 最近の中東動向を考える
Examining the recent trends in the Middle East

ページトップへジャンプ

2015年11月

中国現代国際関係研究院の韓立群・世界研究所助理研究員と湯祺・日本研究所助理研究員を招いて意見交換しました。


AFJの招聘で11月から日本を訪問し、6か月にわたり日本で調査研究を行う韓立群・世界研究所助理研究員と、日本で調査研究を行っている湯祺・日本研究所助理研究員を招き、東アジアの経済協力等について意見交換しました。

AFJ discussed various issues including economic cooperation in East Asia with Mr. Han Liqun, Associate Research Professor, Institute of World Political Studies, China Institutes of Contemporary International Relations (CICIR), and Mr. Tang Qi, Associate Research Professor, Institute of Japanese Studies, CICIR. Mr. Han was invited to Japan by AFJ and will be here for six months from November 2015 to conduct research. Mr. Tang has also been conducting research in Japan.


ページトップへジャンプ

2015年10月

AFJ定例研究会を開催しました。


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(7.8.9.10月開催分)

AFJ regular workshops were held on the following topics (July, August, September and October 2015)

写真

第17回: 「欧州の現状と課題」
“Europe: the current situation and issues”
第18回: 「ギリシャ危機」
“The Greek crisis”
第19回: 「中国政治動向−習近平の反腐敗闘争の現在−」
“Political Trends in China− The current situation of Xi Jinping's anti-corruption campaign”
第20回: 「シンクタンク論V−政策知識人とシンクタンク−」
“Think-tanks III− Policy intellectuals and think-tanks”
第21回: 「日本政治動向−2015年後半の政治日程−」
“Political Trends in Japan− Political diaries in the second half of 2015”
第22回: 「日本政治動向−安倍晋三と池田勇人−」
“Political Trends in Japan−Shinzo Abe and Hayato Ikeda”
第23回: 「中国政治動向−抗日戦争勝利70周年記念式典の評価−」
“Political Trends in China− Evaluation of the 70th anniversary of the end of WWII”
第24回: 「シンクタンク論W−2020年、日本のシンクタンクが目指すもの−」
“Think-tanks IV−2020 Vision, Japanese think-tanks aspire to”
第25回: 「米国政治動向−2016年米大統領選挙の動向−」
“Political Trends in the US− the trend of the 2016 US presidential election”
「米中首脳会談の評価」
“Evaluation of the US-Japan bilateral summit”
第26回: 「南沙諸島への米軍艦艇派遣と『航行の自由』」
“Deployment of the US warships to Spratly Islands and ‘Freedom of navigation’”

ページトップへジャンプ

2015年10月

ピーター・ロフAFJ客員研究員がAFJ レポート「ピーター・ロフが語るアメリカ(2)米国政治における政策知識人の役割」を寄稿しました。


AFJレポート「ピーター・ロフが語るアメリカ(2)」では、ピーター・ロフAFJ客員研究員が米国政治における政策知識人の役割についてコメントします。

下記のリンクからご覧いただけます。

In the AFJ report ‘Peter Roff talks about America No. 2’, he comments on the role of policy intellectuals in US politics.

His report is available from here.

写真

ページトップへジャンプ

2015年9月

AFJ日本政治研究会を開催しました。


今回のAFJ日本政治研究会は、聖学院大学政治経済学部の森分大輔准教授をコメンテーターに招いて、「東アジア情勢と地政学の復活」について議論しました。

AFJ held its Study Group meeting on Japanese Politics. We discussed "the current situation of East Asia and the revival of geopolitics".Dr.Daisuke Moriwaki, Associate Professor, Seigakuin University participated in the workshop as a commentator.


ページトップへジャンプ

2015年9月

AFJ金融・財政研究会を開催しました。


異次元緩和から2年、日本経済・米国経済・欧州経済の現状と中国ショックの影響などをテーマに議論しました。

AFJ's Study Group on Monetary and Fiscal Policy had its meeting. More than two years have passed since the Bank of Japan introduced “different dimension” monetary easing program, we discussed issues included economies in Japan, the US, and Europe, and also, the impact of the Chinese stock market crash.


ページトップへジャンプ

2015年9月

中国現代国際関係研究院の袁冲(Yuan Chong)日本研究所所長補佐と徐永智(Xu Yongzhi)日本研究所助理研究員を招いて意見交換しました。


AFJの招聘で8月から日本を訪問し、1か月にわたり日本国内視察と調査研究を行った袁冲(Yuan Chong)日本研究所所長補佐と徐永智(Xu Yongzhi)日本研究所助理研究員を招いて滞在報告会と日中関係、日中それぞれの政治状況等に関する意見交換会を行いました。

AFJ discussed a range of issues including the Japan-China relationship and the political situations of Japan and China with Yuan Chong, Associate Research Professor, and Xu Yongzhi, Research Associate of the Institute of Japanese Studies, China Institutes of Contemporary International Relations (CICIR). They were invited to Japan by AFJ to conduct research from August 2015 and stayed in the country for a month. They also gave a presentation on their findings during the visit.


ページトップへジャンプ

2015年8月

第7回AFJ「アメリカ政治を考える会」(主査:久保文明 東京大学大学院法学政治学研究科教授)を開催しました。


今回の研究会は、東大シンポジウムで吉原理事長ともに報告者を務めたスコット・ベイツ国家政策センター理事長のほか、実哲也日本経済新聞社編集局次長を迎えて意見交換を行いました。

Participants exchanged views at the 7th study group meeting on 'American Politics. Scott Bates, President, Center for National Policy, who was one of the speakers along with Yoshihara AFJ President at the 8th Hepburn-Shibusawa Memorial Symposium, and Tetsuya Jitsu, Deputy Chief Editorial Writer of The Nikkei also participated in the meeting.


ページトップへジャンプ

2015年7月

中村克彦常務理事がブルームバーグの取材にコメントしました。


中村克彦常務理事のコメントがブルームバーグ(英語版:Bloomberg.com)に掲載されました。下記のリンクからからご覧いただけます。

Comment by Katsuhiko Nakamura, Senior Executive Director, AFJ was featured in an article of Broomberg.com.


ページトップへジャンプ

2015年7月

吉原欽一理事長が、第8回東京大学ヘボン=渋沢講座記念シンポジウムで報告しました。


吉原理事長は、「日米シンクタンクからの発言/提言: オバマ外交および日米関係について」をテーマに行われた同シンポジウムにおいて、「政策知識人、シンクタンク、そして日米関係」と題する報告を行いました。報告者としては他に、北岡伸一国際大学学長、東京大学名誉教授、米国からスコット・ベイツ国家政策センター理事長が参加し、それぞれの報告後、司会・コメンテーターを務めた久保文明東京大学教授や参加者らとともに議論を深めました。

同シンポジウムに関しては、下記の東京大学のホームページでもご覧いただけます。

AFJ President Yoshihara delivered a speech titled "Policy Intellectuals, Think Tanks and the US-Japan Relations" at the 8th Hepburn-Shibusawa Memorial Symposium, University of Tokyo. The theme of the symposium was "On Obama's Foreign Policy and the US-Japan Relations: Voices from Think Tanks". Shinichi Kitaoka, President of the International University of Japan as well as Emeritus Professor of the University of Tokyo, and Scott Bates, President, Center for National Policy from the US also gave speeches. After the speeches, the speakers and Prof Fumiaki Kubo, University of Tokyo, who was the chair and commentator of the event, discussed the issue and advanced understanding.

写真

ページトップへジャンプ

2015年6月

吉原欽一理事長がパリを訪問し、シンクタンク関係者や専門家と意見交換を行いました。


T: Workshop

吉原理事長は、パリの欧州外交問題評議会においてワークショップに参加し基調報告を行いました。
吉原理事長は、安倍政権における政策知識人の役割をはじめとして、シンクタンクの将来像について幅広く報告を行いました。また、ガイラード助教授からは、独・仏の戦争和解について歴史的背景から今日的課題まで非常にわかりやすい報告がなされました。参加者を交えての討論会では、「中国問題」について幅広い議論が行われました。なかでも、参加者の日中関係についての関心は、とりわけ高いものがありました。

ワークショップに関するECFRのレポートは下記のURLからご覧いただけます。

AFJ President Yoshihara delivered a keynote speech at a workshop at the European Council on Foreign Relations (ECFR) in Paris.
He reported on a range of issues regarding the future of think-tanks, including the role of policy intellectuals in the Abe administration. Dr. Gaillard gave an informative speech on war reconciliation between France and Germany, from the historical background to current issues. At the workshop, all participants discussed various issues around China. They were very interested in the Japan-China relationship.

An ECFR report on the workshop is available at:

Workshop @ the European Council on Foreign Relations (ECFR)
Organizer Agatha Katz, Associate Policy fellow, Asia & China Program, ECFR
Moderator Antoine Bondaz, Associate Fellow & Project Coordinator, Asian Center
Keynote speech 1 Kin-ichi Yoshihara, President, AFJ
"Policy Intellectuals and the Roll of Think Tanks- with regards to the Abe administration"
Keynote speech 2 Dr. Marion Gaillard, Maitre de Conferences, Sciences Po-Paris
"On War Reconciliation"
U: Exchanging views

吉原理事長は、パリ政治学院、ソルボンヌ大学を訪問し、「戦争和解」、「移民政策」などについて意見交換しました。

AFJ President Yoshihara visited Sciences Po-Paris and Paris-Sorbonne University and exchanged views on various issues including war reconciliation and immigration policy with the following experts:

  • Prof. Catherine de Wenden:Sciences Po-Paris
  • Prof. Jacques Fremeaux:Paris-Sorbonne University
  • Prof. Rainer Hudemann:Paris-Sorbonne University
  • Emmanuelle Crane:councillor, APE
  • Misha Zobop: American University of Paris
写真

またパリのシンクタンク、アジアセンターと戦略研究財団を訪問し、中国問題やアベノミクスの今後の展望について意見交換しました。

Mr. Yoshihara also visited the Asia Centre and the Foundation for Strategic Research (Fondation pour la Recherche Strategique: FRS), think tanks in Paris, and exchanged views on the issues around China and the outlook of Abenomics with the following experts:

  • Mr. Jean-Yves Collin; Treasurer, Asia Center
  • Dr. Jean- Francis Daguzan; Deputy Director, FRS
  • Ms. Valerie Niquet; Head of the Asia Department, FRS

ページトップへジャンプ

2015年6月

真柄昭宏AFJ政治・経済戦略センター所長がイギリスを訪問しました。


真柄昭宏AFJ経済戦略センター所長は、英国の政策形成に強い影響力を持つシンクタンク、ヘンリー・ジャクソン・ソサエティを訪問しました。公共外交戦略について議論するとともに、今後、両研究所の協力関係を築いていくことで意見が一致しました。

Akihiko Magara, Director, AFJ Center for Politics and Economic Strategy (CPES), visited the Henry Jackson Society (HJS), which has been highly influential in policy development in the UK. They discussed public diplomacy strategies and agreed to develop collaborative relations between the two institutions.


ページトップへジャンプ

2015年6月

訪英した真柄昭宏AFJ経済戦略センター所長は、多文化が共生するBrick Lane地区を視察しました。


真柄昭宏AFJ政治経済戦略センター所長は、2015年4月よりAFJに加わった大川恵子研究員とともに、多文化が共生する英国ロンドンのBrick Lane地区を視察しました。

Akihiko Magara, Director, AFJ Center for Politics and Economic Strategy (CPES) visited multicultural Brick Lane in London with Dr. Keiko Okawa, who joined AFJ as a Research Fellow in April 2015.


ページトップへジャンプ

2015年6月

U.S.ニューズ&ワールドレポートのコラムニストでAFJ客員研究員でもあるピーター・ロフ(Peter Roff)氏が、2016年米国大統領選挙に向かう米国政治状況について寄稿しました。


2015年4月よりAFJ客員研究員となったピーター・ロフ氏が2016年米国大統領選挙を1年半後に控えた米国政治の状況と大統領選挙を見る視点について寄稿しました。
今後1年間にわたり、米国大統領選挙の動向や米国の政治状況について独自の視点からレポートします。

下記のリンクからご覧いただけます。

Peter Roff, who became an AFJ Visiting Research Fellow in April 2015, provided AFJ with a report on the current political situation in the US heading into the 2016 Presidential Election and viewpoints on it. He will report on the emerging trends of the Presidential Election and the wider US political situation from his point of view over the coming year.

His report is available from here.

写真

ページトップへジャンプ

2015年6月

第6回AFJ「アメリカ政治を考える会」(主査:久保文明 東京大学大学院法学政治学研究科教授)を開催しました。


今回のAFJ「アメリカ政治を考える会」は、成蹊大学法学部の西山隆行教授を講師にお招きして開催しました。

AFJ held its 6th study group meeting on "American Politics". Dr. Takayuki Nishikawa, Professor at SEIKEI University, joined the meeting.


ページトップへジャンプ

2015年6月

AFJ日本政治研究会を開催しました。


今回のAFJ日本政治研究会は、聖学院大学政治経済学部の森分大輔准教授を講師に招いて「政治リーダーシップ論」について議論しました。

AFJ held its Study Group meeting on "Japanese Politics". Dr. Daisuke Moriwake, Associate Professor, SEIGAKUIN University, delivered a lecture on "Leadership on Japanese Politics".


ページトップへジャンプ

2015年6月

AFJは来日した米国防省防衛技術安全保障管理局ベス・マコーミック局長等と意見交換しました。


AFJは来日した米国防省防衛技術安全保障管理局ベス・マコーミック局長、ポール・ラインハン米国防省主任外務顧問、ブライアン・デンソン米国防省主任外交政策顧問と、日米安全保障・技術協力、ガイドライン等の課題について議論しました。意見交換には松野博一衆議院議員も同席しました。

AFJ discussed a range of issues including US-Japan security and technical cooperation, and guidelines for US-Japan defense cooperation with Ms. Beth M. McCormick, Director, Defense Technology Security Administration, the US Department of Defense, Paul Linehan, Senior Foreign Affairs Advisor for Under Secretary of Defense and Brian Denson, Senior Foreign Policy Advisor for Under Secretary of Defense. Mr. Hirokazu Matsuno, Member of the House of Representatives (Japan), also joined the discussion.


ページトップへジャンプ

2015年6月

中国現代国際関係研究院(CICIR)の李偉反テロ研究センター主任を団長とするCICIR若手研究者等5名を招聘しました。


AFJは、李偉中国現代国際関係研究院(CICIR)反テロ研究センター主任を団長とするCICIR大学院研究者等5名を招聘しました。CICIRは、シンクタンクであると同時に教育機関でもあり、今回訪日したのはCICIR大学院の博士ら若手研究者です。一行は、京都、東京、北海道を回り日本社会への理解を深めるとともに、東京ではAFJとの意見交換の他、東京大学大学院法学政治学研究科付属ビジネスロー・比較法政センターの後援による久保文明教授との意見交換会等を行いました。

AFJ invited a group of five scholars from the postgraduate program of the China Institutes of Contemporary International Relations (CICIR). They were led by Mr. Li Wei, Director of the CICIR Centre for Counter-Terrorism Studies to Japan. CICIR is an educational institution as well as a think-tank. The young scholars who visited Japan with Mr. Li Wei are PhD candidates at the CICIR postgraduate program. The group visited Kyoto, Tokyo and Hokkaido and deepened understanding of the Japanese society. In Tokyo, they exchanged views with AFJ, and with Prof Fumiaki Kubo at the Institute of Business Law and Comparative Law and Politics (IBC), Graduate Schools for Law and Politics, University of Tokyo.

CICIR訪日メンバー

  • 李 偉(Li Wei) 反テロ研究センター主任
  • 高 穎(Gao Ying) 大学院幹事
  • 周 尓男(Zhou Ernan) 大学院博士
  • 王 凱(Wang Kai) 大学院博士
  • 孫 建紅(Sun Jianhong) 大学院博士


ページトップへジャンプ

2015年6月

AFJ定例研究会を開催しました。


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(4.5.6月開催分)

AFJ regular workshops were held under the following topics (Apr. - Jun. 2015)


第10回: 「ロシアのHybrid Warfare」
'Hybrid Warfare of Russia'
第11回: 「日本版ハイブリッドレスポンス戦略の確立」
'Establishing Japan's hybrid response strategy'
第12回: 「シンクタンク論T―国際比較―」
'Think-Tanks I - International comparison'
第13回: 「日米中指導者とリーダーシップ」
'Leaders of Japan, the US and China and leadership'
第14回: 「日米首脳会談の評価と分析」
'Evaluation and analysis of the US-Japan bilateral summit'
第15回: 「平和安全法制」
' Japan's Peace and Security Legislation'
第16回: 「シンクタンク論U―政治シンクタンクの機能・役割―」
'Think-Tanks II - function and roles of think-tanks focused on politics'

ページトップへジャンプ

2015年2・3月

AFJは政策知識人交流プロジェクトの一環でワシントンDCを訪問し、連邦上院議会、元政府高官、シンクタンク・グラスルーツ関係者等と意見交換を行いました。


AFJは政策知識人プロジェクトの一環としてワシントンDCを訪問しました。長年のシンクタンク・パートナーであるハドソン研究所とは、ワークショップをはじめとして、日本の国会議員を交えた夕食会を開催しました。米中関係が新たな段階に入ろうとしている現在、米中関係の専門家らによる最先端の分析には眼を見張るものがありました。

今回の訪米のハイライトとなったのは、ラムズフェルド元国防長官との会見でした。予定をはるかに超える1時間以上の会見では、日米関係の現状から米中関係やアジア太平洋地域情勢まで、白熱した議論が行われました。

AFJ held meeting with former Secretary of Defense, Hon. Donald Rumsfeld. We held extensive discussion on a range of topics from current Japan - US relations to US-China relations and the situation in the Asia-Pacific region.



連邦上院議会のマイク・リー議員とは、今回が三回目の会見となりました。戦後70周年を迎え、日米関係が「成熟した関係」に入った今日、両国間の議員交流の活性化が必要との認識で一致しました。

AFJ met Senator Mike Lee. Senator Lee and AFJ agreed that both Japan and U.S. are needed to activate Parliamentary Exchange more at a time when the two countries partnership have "matured"after 70 years since the end of the World War U.



ハドソン研究所とのワークショップでは、新藤義孝衆議院議員を交え様々な分野の政策知識人と交流を深めました。今回は、フランスやドイツなどからの研究者も参加しました。

AFJ organised a workshop with the Hudson Institute. We had a full exchange of views with policy intellectuals on various topics. The workshop participants included experts from France, Germany and Mr Yoshitaka Shindo, Member of the House of Representatives (Japan).



真柄昭宏AFJ政治経済戦略センター所長がフォーリン・ポリシー・イニシアティブ(FPI)を訪問し、日々刻々変化する政策テーマについて、デシジョンメーカーが求める政策ブリーフィングを行うシンクタンクの機能について意見交換をしました。

Akihiro Magara, Director, AFJ Center for Politics and Economic Strategy, visited the Foreign Policy Initiative (FPI). He discussed how to provide useful policy briefings on continuously changing topics for decision-makers as a function of think-tanks.


ページトップへジャンプ

2015年2・3月

AFJ定例研究会を開催しました。


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2・3月開催分)

AFJ regular workshops were held under the following topics (Feb. - Mar. 2015)


第5回: 「中国政治動向―中国における政策知識人の新たな役割―」
"Political Trends in China - the new role of policy intellectuals in China"
第6回: 「国際放送の歴史的変遷と今日的意義」
"International broadcasting's historical transition and significance in the current context"
第7回: 「2014年度政策知識人プロジェクト評価・分析会」
"Evaluation and analysis of the 2014 Policy Intellectuals Exchange Project"
第8回: 「新年度研究事業計画検討会」
"Discussing the research plan for the next financial year"
第9回: 「第5の戦場"Cyberspace"と自衛権について」
" Cyberspace - the fifth battleground and the right of self-defense"

ページトップへジャンプ

2015年2・3月

来日した中国社会科学院(CASS)米国研究所の劉衛東研究員を招いて意見交換しました。


劉衛東研究員とは、2014年の6月にAFJがCASS米国研究所を訪問したことが交流のきっかけとなり今回の意見交換となりました。今回は、米中関係、日米関係それぞれを見据えたうえで日中関係の行方を議論しました。

We discussed future Japan-China relations on the basis of both US-China and Japan-US relations.


ページトップへジャンプ

2015年1月

1月22日に発表された米国ペンシルベニア大学の2014年度版世界シンクタンク調査『2014 Global Go To Think Tanks Index Report』において、AFJは7位(アジア4カ国:日本、中国、インド、韓国)にランクされました。


一般社団法人アジアフォーラム・ジャパン(AFJ)は、米国ペンシルバニア大学ラウダー研究所「シンクタンク・市民社会プログラム(TTCSP)」の2014年度版世界シンクタンク調査報告書 "2014 Global Go To Think Tanks Report" において、アジア4カ国(日本、中国、インド、韓国)で7位(調査対象団体数:764)、国内では2位(同:108)にランクされました。2007年度版以降、7度目のランク入りとなります。

同調査の詳細は下記のリンクからご覧いただけます。

(PDF:AFJはP.78に掲載されています。)

写真

ページトップへジャンプ

2015年1月

中国現代国際関係研究院(CICIR)の一行がAFJの招聘で来日しました。


CICIRの胡継平院長代理兼日本研究所所長他日本研究所のメンバー3名が来日し、衆議院議員等と昨年末の総選挙結果を受け今後の日本の政治情勢について意見交換した他、諸機関を訪問しました。


ページトップへジャンプ

2015年1月

AFJ定例研究会を開催しました。


AFJ研究会を以下のテーマで開催しました。(1月開催分)

  • 第1回:「2015年の内外の主な政治日程について」
  • 第2回:「2015年の中国政治の展望」
  • 第3回:「米国政治動向―米エネルギー・環境政策の動向とオバマ政権―」
  • 第4回:「日本政治動向―ポピュリズムVSエスタブリッシュメントの視点から―」

ページトップへジャンプ